バイク旅と飛行機旅と鉄道旅とその他諸々

移動そのものを楽しみたい 

~青春18きっぷ1枚で日本縦断~【1日目①】一日の始まりはシカの激突と共に 編

前回の続き!

www.tobinenxj.com

 f:id:tobinenxj:20191227214422j:plain

稚内到着後は駅近くのドーミインで一泊

 

翌朝5時に稚内駅へ

 

5:20発の普通列車名寄行きを待ちます

昼間は駅の窓口も営業してますが

流石にこの時間だと駅員さん不在

f:id:tobinenxj:20191228224538j:plain

無人駅状態なので勝手にホームに入り列車に乗り込めばよいそうな

f:id:tobinenxj:20191228224503j:plain

そんなわけでこれより稚内から枕崎へ。

f:id:tobinenxj:20191228224721j:plain

雪かきをしていた保線員?の方からカイロを頂く

f:id:tobinenxj:20191228224850j:plain

「雪も少ないし今日は暖かい方だよハハハハー」とのこと。

まぁ―2桁いかなければ暖かい という感覚なんでしょう

 

f:id:tobinenxj:20191228224936j:plain

今回のスタートを切る列車はキハ54 一両編成でやってきます

f:id:tobinenxj:20191228225036j:plain

行先を表示するプレートはなく「宗谷本線」とだけ書かれていました

f:id:tobinenxj:20191228225119j:plain

先ほどカイロを頂いた方に見送られ乗車

 

さて、こんな朝早くの列車に乗客なんているのかどうか気になる所ですが

安心してください

 

f:id:tobinenxj:20191228225149j:plain

誰もいませんでした(゚Д゚;)

 

乗客は自分1人と運転士1人で稚内駅を出発

稚内駅の次は南稚内駅 ここでも誰も乗らず 

この先しばらく秘境駅が続くのでずっと一人が確定か寂しいな~

 

なんて思っていたら衝撃と鈍い音

そして急ブレーキで停車

 

なんか倒木にぶつかったとか?と最初に思いましたが

運転士「ただいま鹿と衝突したため急停止しました」

 

お、、おぅ

 

安全確認の為しばらく停車し

5分から10分程遅れて出発

まぁ北海道ではよくあること らしいです

 

他の乗客が乗ってくるまでに貸し切り車両を堪能しましょう

f:id:tobinenxj:20191228225727j:plain

この車両は固定式のクロスシート

車両中央部のシートは向かい合わせでテーブルがあります

 

f:id:tobinenxj:20191228225834j:plain

2段階でリクライニングが可能 なかなかこれが快適

f:id:tobinenxj:20191228230110j:plain

クロスシートはかなりフカフカ、一方の車両の両端部のロングシート部分

こちらはかなり固め 長時間はちょいと辛いかな

空いている時は交互に座ると疲れが少なそう

 

列車は南稚内を出発した後

抜海→勇知→兜沼→下沼→幌延と停車しましたがどこも乗客0

f:id:tobinenxj:20191228230507j:plain

有人駅の幌延なら乗る人いるかなと予想していましたが残念

 

f:id:tobinenxj:20191228230915j:plain

上幌延→南幌延→安牛→雄信内

雄信内駅はそこそこ立派な駅舎ですが完全に無人駅

f:id:tobinenxj:20191228231106j:plain

この駅の特徴として 駅前が完全にゴーストタウン

住民はおらず廃墟と化した建物が並んでるというか

自然に還りつつあるそうです 一度周辺散策してみたいものですね

 

で、そんな雄信内駅でまさかの乗客1名

一体この人はどういう理由がありこの駅から乗り

これから何処へ行くのか気になりました...

 

雄信内の次は糠南駅

f:id:tobinenxj:20191228231025j:plain

こちらが糠南駅です

f:id:tobinenxj:20191228231403j:plain

 倉庫ではありません 駅です

 

駅です!!

 

この扉を開けるとイスと壁に時刻表等が張り付けてあるらしい

停車時間が短いので降りられませんが 

こちらも時間があるときに立ち寄ってみたいですね

f:id:tobinenxj:20191228232118j:plain

ここから先はちょくちょく乗客の乗り降りがありましたが

基本的に空気輸送状態の車内

 

糠南駅を見た後ならこんな駅も立派に見えるもの

f:id:tobinenxj:20191228232338j:plain

貨車を魔改造して駅にしたところが多いですね

f:id:tobinenxj:20191228233815j:plain

こちらは工事現場の片隅にあるプレハブ小屋みたいな初野駅

f:id:tobinenxj:20191229203130j:plain

魅力的な秘境駅 というか手抜きすぎる駅を眺めながらの列車旅

 

稚内から3時間乗り続け終点の名寄駅に到着

名寄到着時の乗客は確か3~4名だったと思います

f:id:tobinenxj:20191228232423j:plain

f:id:tobinenxj:20191228232455j:plain

名寄~旭川間はそこそこ需要があり

本数も多くなってます...いや超少ないけど

 

次の10:01発の快速なよろ 旭川行きの出発まで時間があるので

徒歩五分くらい先にあるコンビニで朝食を調達して

あとは駅待合室でのんびりのんびり

 

 

 

 ----------------------------

 

ブログ村登録中。

クリックするとブログ村のランキングに反映されます

ランキングが上がればこのブログのアクセス数が上がるので

ここは是非ともクリックしなくても大丈夫です 

大丈夫ですからホントホント

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

続き↓