バイク旅と飛行機旅と鉄道旅とその他諸々

バイク,飛行機,鉄道・・・

国内線 B737-800比較

f:id:tobinenxj:20190924235320j:plain

現在JAL、ANA国内地方路線では

B737-800を中心に運用されています

 

スカイマークは保有機材全てB737-800に統一

統一することでコストの削減を図る というものですね

他にはソラシドエア、春秋航空日本もB737-800を運用

 

ってことで今回は国内線で活躍するB737-800を

飛行機初心者向けに色々比較しようなかなと。

(マニアックなネタ、情報は持ってない)

同じ機材ですが会社ごとに若干違いがありますからね。

 

【JAL】

f:id:tobinenxj:20191004122106j:plain

現在ー800は50機が活躍中(国際線含む)

 

JALの大きな特徴として

2014年から16年にかけて国内線全機材をSKY NEXT改修を実施

 リニューアル工事ってやつですな

これにより全機材でWIFIが利用できるようになりました

 

 

機内マップ

f:id:tobinenxj:20191004123152j:plain

 

座席数165席

(クラスJ 20席 普通席 145席)

大きな特徴としてJALご自慢のクラスJが20席設置

f:id:tobinenxj:20191011120129j:plain

機内マップから見てわかる通り

普通席は3×3に対し2×3配列。少しシート幅が広いのと

シートピッチも拡大 鉄道で言うところのグリーン車みたいなものです

 

飲み物の種類も普通席より多く

何より追加料金は普通席+1000円!

ANAでもグレードの高い席「プレミアムクラス」が設置されてますが

これ鉄道で例えるとJR東のグランクラス相当。ちょいとサービス過剰な気もするので

JALならグリーン感覚で程よく快適に過ごせるかなと

 

普通席は黒色の革張りシート

個人的に革張りってずるずる滑って好きではないのですが

 このシートはあまり滑らずとても好きです

 

f:id:tobinenxj:20191011113810j:plain

B737-800では普通席、クラスJ共にPC用コンセント、USB無し

 

 

【ANA】

f:id:tobinenxj:20191004123603j:plain

 ANAでは40機が運航

 

まずは気になるWIFI

公式ページでは「一部でWIFI利用不可」 となってますが

今の所WIFIの無いー800に当たったことは一度もありません

調べてもよくわかりませんが

どうやら使用できないのは1機だけ という情報も

なのでWIFIはほぼ利用できる と思っておいても間違いは無いかと

 

 

機内マップ

 

f:id:tobinenxj:20191011121429j:plain

座席数166席とJALより1席多いです

JALではクラスJと普通席に隔たりはありませんが

ANAではプレミアムクラスと普通席は壁とカーテンで仕切られているため

普通席に座ると 少し飛行機が小さく感じる そんな印象

 

JALではご自慢クラスJが存在しますが

ANAではプレミアムクラスが前方に8席設置

 

f:id:tobinenxj:20191011121001j:plain

先ほども触れましたが鉄道で言うところのグランクラス相当

 

f:id:tobinenxj:20191011115545j:plain

単に広いだけでなく飲み物も大幅に充実、時間によっては食事も有る

クラスJ以上に大変贅沢な時間を味わえます

 

コンセント、USB電源有

 

料金は便によって異なりますが

アップグレードの場合

普通席+6000円から15000円程 かなりバラつきがありますね

 

 

普通席は紺色のシート 布張り

f:id:tobinenxj:20191011121037j:plain

 コンセント、USB無し

広さ、機能面ではJALとそう変わりはないと思われます

布張りか革張りシートかの違いくらいかなと

 

 最近ANAではー800を何機かリースで導入したので

新しいピカピカ機材に乗ることができるかもですね

 

【スカイマーク】

 

f:id:tobinenxj:20191011113726j:plain

 

スカイマークは全席普通席 の177席

f:id:tobinenxj:20191011124309j:plain

WIFIの設備は無し

スカイマーク=安い=狭い と思う方もいるかもですが

スカイマークはシートピッチを大手と同様にしてるので

一切狭くはありません(座席数が大手より多いのは全席普通席の為)

前方席は少し広めに設定、追加料金が必要です

 

機材はリースで調達してるので細かい仕様はバラバラですが

座席は白色の革張りシートが基本ですが一部紺色革張り席も有

f:id:tobinenxj:20191011124325j:plain

PC用コンセントも装備されてますが

一部機材では設置されてない様子

たぶん紺色席のタイプがコンセント無し

1/3の確率で使えないと思えば良いかな?

 

これは機材の話ではないけど

飲み物サービスはコーヒーのみが無料(NESCAFE)

f:id:tobinenxj:20191011113156j:plain

他は水だろうがお茶だろうが有料となってます

でもキットカットが無料で貰えるから許しましょう

 

f:id:tobinenxj:20191011113052j:plain

パッケージが何種類かあるそうで

こちらは仙台仕様 乗った便は仙台関係なかったけどね。

 

【ソラシドエア】

f:id:tobinenxj:20191011114116j:plain

先に謝っておくとまだソラシドエア乗ったこと無いので

あまり詳しく書けません(;'∀')

年内に一回乗る予定なので詳しい事はまた乗ってから追加する かもしれません

 

機内マップ

 

f:id:tobinenxj:20191011124545j:plain

こちらもスカイマーク同様全席普通席ですが

座席数は174席と少し少な目

何より先ほどの3社は普通席のシートピッチを79cmに設定されてるに対し

ソラシドエアでは2cm広い81cmに設定

JAL、ANA以外は格安航空みたいに考える人もいるみたいですが

なんともったいない こっちの方が広くて快適です

 

さて気になるコンセント、WIFIですが

全機設定なし

しかしUSBは一番新しいJA813Xに全席装備されているとのこと

 

保有機材13機なので当たる確率は低いけど

これは運次第 当たると良いな程度に思っておくと良いかなと

 

スカイマークと比較すると

こちらは無料の飲み物が多数用意されてる点もポイントかもです!

 

【春秋航空日本】

中国の春秋航空の日本法人 通称スプリングジャパン

f:id:tobinenxj:20191011124916j:plain

いや、元は中国の会社ですけど

日本だと中華ブランドって

「安いけど・・・」というイメージが今でも強いわけで

安全が最重要な航空業界に中華で殴り込みなんてよほど自信があったのか

 

日本のLCCで唯一B737-800の運用

春秋航空の本家はA320で運用されてますが

どういうわけか日本ではB737-800

たぶんパイロットや整備士の確保の点からでしょう

 

こちらも乗ったことが無いのでかるーく

LCCなんで狭いです。189席仕様 鬼か

 

f:id:tobinenxj:20191011122814j:plain

最前列、非常口席以外にも広い席が用意されているようですね

 (2列目、3列目)

当然コンセント、WIFI等の設備は無し

 シートピッチは他のLCC同様74cm(29インチ)

 

まぁ何はともあれスプリングジャパンも乗ったこと無いのでよくわからん

これも実際乗ってみて ってところですね!

 

 

まとめると・・・

【WIFI利用可】

JAL ANA(1/40で利用できないのが来る)

【コンセント利用可】

ANA(プレミアムクラス) スカイマーク(席の色が紺色だったら諦めろ)

【USB充電可】

ANA(プレミアムクラス) ソラシドエア(当たる確率1/13)

【座席の広さ順(主にシートピッチ)】

※非常口席等は考慮しない

ANAプレミアムクラス

 ↓

JALクラスJ

 ↓

ソラシドエア (以下シート幅は同じ)

 ↓

JAL普通席、ANA普通席、スカイマーク

 ↓

スプリングジャパン

 

 

ここまで書いてて思ったけど

機材(B737-800)の比較じゃなくて会社毎の違いにした方がよかった??

 

けどB737-800のファンを広めるためにもこれを書きました 

たぶん2~3人は増えると期待してます←

 

 

f:id:tobinenxj:20190901221948j:plain

次回は日本で活躍するB737-700特集 になるかもしれません